久しぶりに出してみたら、着物にカビが!

色はついていなくても、カビ臭さが気になることもありますね。

こんな着物でも売れるのでしょうか?

1、カビた着物も売れる

カビてしまったら、『もう着れない』と感じるかもしれませんが、実は売れることがほとんどです。

OKサイン

大きな変色があったりすると、値段がつかないこともありますが、査定を断られることはないので、一度着物買取店に問い合わせしてみることをおすすめします。

【無料査定】着物買取はこちら

中古の着物を求めているお客様には、色々な方がいます。
もちろん、お出かけ用の着物を探している人もいますが、中には、自宅で着つけの練習用に中古の着物を探している人もいます。

練習用なら、多少汚れがあっても値段が安い方が良いと感じる人もいるため、カビの生えている着物も需要があるのです。

また、クリーニングすると目立たなくなる場合もあるため、パッと見て『もうダメ』と判断しない方が良いでしょう。

目次に戻る

2、カビ臭い着物も売れる

カビは生えていないようだけど、ニオイがついている場合もありますね。
そんな着物も大丈夫!

ニオイなら、風通しをしたりクリーニングをしたりすれば落ちる可能性が高いです。

クリーニング店員

とは言え、ニオイがない方が商品としての印象は良いです。
着物を売る前に、風通ししてみましょう。
ニオイが和らぐことがありますよ。

目次に戻る

3、カビをはやさないために

カビが生えていても着物は売れますが、やはり無いに越したことはありません。
カビは生える前に対策をしましょう。

目次に戻る

3-1、汚れは落としてから収納

まずはカビの原因になる汚れを落としておくこと。

着物を着るたびにクリーニングする必要はありませんが、長期収納する時は、必ず専門店でクリーニングしましょう。

目次に戻る

3-2、時々風通しする

除湿剤を使って湿気がこもらないようにすることも大切ですが、1番は時々陰干しして風通しをすることです。

除湿剤は使っている化学成分が着物にシミを作ることもあります。
注意書きをよく確認し、着物に触れないようにして使いましょう。

目次に戻る

『もう着ないかも・・・』
と思ったら、カビが生える前に査定してみませんか?

専門家の査定が無料で受けられます!