買い取りするまで、着物の値段はわからない

虫メガネで調べるイメ―ジ

趣味で着物を集めていました。
自分で着物そのものを着用するのはもちろん、古いものでキズや汚れがあるような着物の場合は着物として着用するのではなくカバンやポーチなどの小物を作っていました。

古い着物はリサイクルSHOPやフリーマーケット、ボロ市などで購入していました。
フリーマーケットなど個人の方ですと「本当に処分したいだけ・・・」と、とても安く売ってくれる方もいらっしゃいました。

その頃は、趣味でお茶や踊りのサークルにも入っていたので沢山の着物の利用がありました。
年をとってサークルもやめてしまったため、多くの着物をどうしようかと迷い、とりあえず着物買い取りのチラシや雑誌広告などを集め 数件の着物買い取り屋さんに来ていただき査定していただいたり、こちらから買い取りショップにでかけたこともあります

「ザッとこれだけで○○円」や、1つ1つ査定下さる買い取り屋さんなど、様々でした。
中には着物買い取りと言いながら、実際来られたら「貴金属ありませんか」という買い取り屋さんもいらっしゃいました(着物には見向きもせず)。

大島など古いものは価値があるので高い買い取り価格が出ますし、安価で購入したものが高く買い取りしていただいたこともありますし、お茶や踊りでも楽しんで使えたものが高く買い取りしていただけるのは嬉しいですね。

現在、着物を着る機会は少ないですが やはり洋服とはまた違ってよいものですね。
特に古布を使って小物などに変身させることはとても楽しいです。

少しでも高く売りたいなら、合い見積もりを!

価格を比較するイメージ

リサイクル買い取りをした経験があるならわかると思いますが、買い取り店舗によって、査定方法が違い、査定額も異なります。

ですから、「少しでも高く売りたい」と思うなら、複数の業者で合い見積もりをとりましょう。
まとめ買いで高くしてくれる場合もあれば、買い取れない商品があっても1点ずつの評価額が高く、高額買取になる場合もあります。
値段が決まっていないのが、中古品の面白いところ。

また、値段にとらわれず、「次に使ってくれる方に安く譲りたい」と言う気持ちならフリーマーケットを使うのもありですね。
最近ではフリマアプリも便利になり、着物の取引もできますが、素人同士のやりとりになるため、トラブルが起きないように配慮を怠らないようにしましょう。

「置き場に困っているから、今すぐ買い取って欲しい」と言う場合は、連絡後すぐに対応してくれる宅配買取や訪問買取が便利ですよ。

着物は「古いから売れない」と諦めないで下さい。
必要としている方は、きっといますよ。
色々な方法を試してみましょう。

バイセル