着物買取専門店で売れない着物はフリマアプリで売る

スマホを片手に笑顔の女性

嫁入り道具やもらい物、形見など、タンスにしまって多分もう袖を通すことはないだろうと思われる着物ってお持ちではないでしょうか?

着ないけど、でもまだ着れる状態の物だし、捨てるのは勿体無い。
着物ってなかなか捨てるとなったら「勿体無い」衣装ですよね。

まだ袖を通してちゃんと着れるものだったら、売ってみるのはどうでしょう。
着物の買取業者などはたくさんありますが、なかなか思い出の衣装だったりして、着物買取業者に頼んでも思った通りの値段にならないことがあります。

昨今では着物の買取も昨今ではいろんな方法があり、一番手軽に自分の思い通りに行えるのはフリマアプリを使うことではないでしょうか。
私は、着物の買取には最近ではもっぱらフリマアプリを使うようになりました。
フリマアプリだと自分の思う通りの金額で販売ができること、また、着物好きさんの手に渡って着ていただけるという、ちゃんとその着物の未来が見えるので、安心して販売できるというメリットがあります。

買取業者に頼むと、やはり格式の高くない普段着着物などは買い取ってもらえるのかなど心配事が出て着ますが、フリマアプリだと目的のものを購入したい方が購入してくれるというメリットがあるので、買取に出す着物の格式などは気にする必要はありません。

いかがでしょうか、タンスに着物が眠っているけどどう扱っていいかわからなくて、眠らせてしまっているだけという方。
もし販売してみようと思われるのであれば、気軽なフリマアプリで着物買取に挑戦して見るのもおすすめです。

フリマアプリで着物を売る時の注意点

スマホと危険マーク

フリマアプリは、売るのも買うのも素人。
なので、素人ならではの楽しさがある一方で、注意しなくてはならないこともあります。

まずは、画像。
実物を正直に写さないと、「届いてイメージと違う」とトラブルになる場合もあります。

特に着物は、長い間タンスや押し入れに入れっぱなしで、臭いの問題もあります。
着物買取専門店では、保管臭に理解がありますが、素人で着物を集め始めたばかりの方だと、「変な臭いがする」「かび臭い」と感じてしまうこともあります。
画像に写らない情報は、文字でしっかり伝えてトラブルを未然に防ぎましょう。

フリマアプリで着物を売るデメリットは?

指でバツを作る女性

便利で自由なフリマアプリですが、デメリットもあります。
今回は3つのデメリットを紹介します。

1つめは、いつ売れるかわからないこと。
出品後、すぐに売れるかもしれないし、1年経っても売れないかもしれません。
相場より格安で出品すると売れる可能性が高くなりますが、そもそも、着物の相場がわかる人も少ないため、よほどわかりやすい高級品でないと、何万円もの値段で売ることはできないと思っておいた方が良いでしょう。

2つめは、販売手数料がかかること。
出品手数料や、送料等、フリマアプリの種類にもよりますが、何かしらの手数料が発生します。
はやく売りたくて値段を安くすると、着物買取専門店で売るより手取りが少なくなったり、手間がかかる割に利益が少ないと言うこともあります。
値段設定をする時は、利益がどのくらいになるかを計算しておきましょう。

3つめは、振込手数料がかかること。
着物買取専門店で買い取ってもらう場合、振込手数料は店舗側が負担してくれることが多いです。
しかし、フリマアプリの場合は、振込み金額によっては振込手数料がかかります。
数百円で済む場合がほとんどですが、出品前に確認しておきましょう。

最近は、着物買取専門店でも、スマホのビデオチャット用アプリで映して査定してもらえるショップもあります。
フリマアプリで高額な取引をするのは不安がある・・・と言う方は、試してみてはいかがでしょうか?

着物高価買取のウルトラバイヤー