仕立ててない反物の状態でも売れる

反物も売れる

「着物買取は、着物になってなきゃ売れない」って思っていませんか?
実は、反物でも売れます!
買取額は、反物の状態や品質によるので、一度査定に出してみましょう。

近所に着物買取店がない場合は、ネットの着物買取業者に依頼してみませんか?
・宅配買取
・訪問買取
の2種類が選べるので、都合の良い方法で簡単に査定ができます。

買取プレミアム
買取プレミアム 詳細はこちら

反物って何?

1反で着物1枚分

反物とは、着物を仕立てる前の生地です。
筒に巻かれた状態で保管されていることが多いです。

着物は1枚の長い反物を切断して縫い合わせて作られます。
反物1反で1枚の着物が仕立てられます。

訪問着、付け下げ、小紋などの着物の種類によって、反物の絵付けが違いますが、売る時にどの着物かわからなくても大丈夫ですよ。
それも含めて、しっかり査定してもらえます。

表地の反物だけでなく、襦袢等の反物もあれば、一緒に査定に出して大丈夫ですよ。

証紙や証明書はそのままで

証紙

反物の端に、紙がついている場合があります。
証紙とか証明書と呼ばれるものです。
古いと紙が黄ばんで汚く見えるのが査定に響かないか心配になりますが、外さないでそのままにしておいてください!

証紙は商品タグやのような物です。
反物の価値をわかりやすくしてくれるので、黄ばんだ証紙がついているから査定が下がると言うことはありません。
むしろ、中古として販売する時に証紙がついている方が売れやすい場合もあります。

反物しかなくても大丈夫

反物だけでも買取可能

昔は着物を自分で仕立てる人も多かったので、「遺品整理をしていたら反物ばかり出て来た」なんてこともあります。
こんな時も、まとめて査定に出して大丈夫ですよ。
着物は人に譲ればそのまま着れますが、反物は仕立てる必要があるため、処分に困って手元に残っている場合が多いです。

今の洋服と違い、着物は同じ色柄で何枚も大量生産されたりしません。
だから、気に入った反物があれば、とりあえず買っておく。
そして、時間のある時に仕立てる(または仕立て屋に出す)と言うのが主流です。
そのため、買ったけど仕立てる前に好みが変わってしまった反物が出る場合もあるのです。
仕立てるには時間やお金がかかりますから。
着る機会がなければ、仕立てる意味がないのです。
だから、反物が手元に残ってしまうんですよね・・・

反物の買い取り額は安い?

反物は安い

正直、反物の査定額は着物より安くなりがちです。
と言うのも、反物から着物を作るために、材料費や手間賃などがかかるからです。

少なくとも胴裏(着物の裏地)を別で買わないとならないし、自分で仕立てることができなければ、仕立賃がかかります。
特殊加工をしたいとか、色々要望があれば、その料金もプラスされます。

状態の良い反物や作家物の場合は高く買い取られますが、それ以外の場合は1反1,000円~5,000円くらいと思った方が良いでしょう。

反物のメリット

自分サイズに仕立てられる

着物の場合、サイズが決まってしまっているため、購入者も限られてしまいます。
おはしょりや着付け方で多少のサイズ調整はできますが、身長165cmの方が身長150cmの方向けに仕立てられた着物を着るとツンツルテンになってしまいます。
着物によってはサイズを調整できるように生地を余らせて仕立てられている場合もありますが、お直しするのも限度があります。

その点、反物だと仕立てる前なので、購入者が自分サイズに調整できます。
昔より今は身長が高い方が増えているので、「着物は好きだけどリサイクルだとサイズが無い」と困っている方も多いです。
そんな方達にとって、中古の反物は掘り出し物になります。