留袖を売るなら専門店に持ち込むべき

送料無料!着物宅配買取

着物の価値は専門知識がないと判別できません。
だから、着物を売るなら必ず着物専門店に持ち込んで下さい!

「近所に買取もしている着物屋さんがない」と言う場合も多いですよね。
そんな時は、宅配買取を利用しましょう。
送料無料でお金がかからないので、自分でお店を探して持ち込むよりラク♪

大量に売りたい着物がある場合や、有名作家の高級着物など、宅配便で送るのは心配な場合は訪問買取も対応しています。
玄関に売りたい留袖や帯などを用意しておけば、その場で査定してもらえるので、家の中にスタッフを招き入れる必要もありません。

着物を売るのは意外と簡単です。
今すぐ、査定に申し込んでみましょう。

【買取プレミアム】宅配買取・訪問買取の申し込みはこちら

留袖にも種類がある

留袖は、既婚女性の正装です。
最近では、未婚女性でも年齢やシーンに合わせて留袖を着る方が増えてきていますが、基本的には、既婚女性が親族の結婚式参列などで着ることが多いです。

留袖には、生地の色が黒い『黒留袖』と、カラーの『色留袖』があります。

黒留袖は、結婚披露宴で新郎新婦のお母様が着ているものを想像していただけでば正解です。

黒留袖

色留袖は、生地の色が決まっていません。
ピンクやグリーン、ブルー、藤色、クリーム色等、上品で可愛らしい色が多いため、若い方に好まれます。

色留袖

色留袖と訪問着・付け下げの違い

色留袖は訪問着や付け下げと区別がつかない方も多いですが、実は、簡単に判断できます。
見極めるポイントは、柄の付け方。

色留袖は、上半身に柄が入っていません。
裾に扇や花車など、おめでたい柄が入っています。
上半身には紋が入っている場合が多いです。

訪問着は、全体に流れるようにつながった豪華な柄が入っています。
上半身から袖にかけても柄が施されています。

テーブルで座っていても柄が見えるのが訪問着、柄がなく、紋が付いているのが色留袖と覚えておきましょう。

付け下げは、紋が入っている場合もあるし、訪問着のように全身に柄が入っているのでややこしく感じるかもしれません。
付け下げの柄は、反物の時に全て上を向くように絵付けされているため、柄に連続性がありません。

まず、色留袖と付け下げの違いですが、付け下げには上半身に柄が入っている場合が多いです。
色留袖には上半身に柄が入っていません。
紋がついていても、上半身の柄の有無で色留袖と付け下げは区別できます。

訪問着と付け下げの違いは、昔は「地味なのが付け下げ」と思って良かったのですが、最近では『付け下げ訪問着』と呼ばれる豪華な付け下げも出てきているので、ハデ・地味で判断できなくなって来ました。
襟や袖などの柄をじっくり見て、生地を縫い合わせてある部分の柄がつながっていたら訪問着です。
付け下げは、一見柄がつながって見えますが、縫い合わせの部分をよく見ると柄が合っていない場合が多いです。

着物を売る時に「これ、本当に留袖?」と疑問に思ったら、上記の方法で判断してみて下さい。

留袖じゃないかもしれない・・・

どんな着物も査定できます

着物の種類の見極め方を紹介すると、「留袖は売れそうだけど、付け下げだったら売れないかな」とか心配になりますよね。
でも、大丈夫!
留袖でも、訪問着でも、付け下げでも売れます!
専門知識を持った査定員が鑑別するので、依頼者が細かいことを気にする必要はありません。
「留袖じゃないと売れません」なんて断られることはありませんよ。
また、留袖には家紋が入っているのが一般的なので、家紋のせいで価値が下がることはありません。

格の高い着物(留袖>訪問着>付け下げの順)は高く売れる傾向にありますが、保存状態や人気の色・柄なども査定に関係して来ます。
「よくわからない着物だから」と捨てない下さいね。

宅配買取なら査定員と顔を合わせる必要がないので、相手の表情をうかがう必要もないし、面倒がありませんよ。
留袖だけでなく、帯や草履・バッグなど、着物関係の小物も全て査定対象になっているので、ぜひ活用してみて下さい。

【買取プレミアム】送料無料の宅配買取